バナー

別荘の建ぺい率を把握する

東京都心部などの市街地と、別荘地では、同じような条件で一戸建てを設計しても、建ぺい率が異なりますので注意しましょう。

都心部の繁華街に近い商業地域であれば、敷地面積一杯に建物を建築することが可能な場合もあります。別荘地では景観保護や観光の視点から、敷地面積の中で建物を建築できるスペースが限定的になり、広い土地だからといって必ずしも大型住宅を建築できるとは限りません。都心部では隣の一戸建てと、とても近い距離で建築されていても、別荘地では隣の敷地と何メートルも余白面積を確保しなければならないことが多いです。

不動産売買されている土地物件の中には、広い面積でありながらも低価格に感じられる場合がありますが、どれだけの延床面積の一戸建てを建築できるのか、必ず建ぺい率で計算するように心がけましょう。

軽井沢の別荘の情報が揃っています。

延床面積の条件をクリアできても、屋根の施工でも制限がありますので注意が必要です。


別荘は、都心部の一戸建てのような感覚では屋上を施工するのが困難です。

屋根に傾斜角度を設定することが義務付けられていることが多いからです。

避暑地の高原は冬に雪が積もることが多く、日常的に暮らしていない別荘では雪かき作業できる家族も不在です。

軽井沢の土地情報について詳しく解説しております。

安全対策のためにも、景観保護のためにも屋根付きの一戸建てにしなければならないことも多いです。



建ぺい率は地域によって変化しますので、思い込みや偏見を持たずに、必ず不動産物件ごとに把握するように心がけましょう。